SEO対策とは何かからキーワードの見極め方まで知識の総まとめ

サイトマップ
SEO対策

小売店の経営上SEO対策が必要な理由

データ

SEOとは日本語で検索エンジン最適化といいます。たとえば、検索サイトで検索したときに、できるだけ検索結果で上位に表示させる技術を意味します。
なぜSEO対策が小売店の経営上で重要かと言えば、小売店を探している人はお店を探すときに検索エンジンを用いるからです。
たとえば、お客さんがお店を探すとき、その業種や地名を用いて検索するとします。その時に、上位表示されたサイトがクリックされる確率が高くなることは想像できます。お店を探している人はそのサイトを見て、小売店の情報を手に入れることになるので、検索結果で上位表示されることは顧客獲得という点でとても重要なのです。それでは具体的にどのようなSEO対策が行われているのでしょうか。これには一般的な方法で問題ありません。キーワードバランスの調整やHTMLソースの最適化、あるいは近年のスマホユーザーの増加からモバイル対策も行われます。これらはコンテンツ内部の最適化対策で、内部対策と呼ばれるものです。そのほか、被リンクの獲得など外部対策も行われています。
いずれにしても検索結果で上位表示されるかどうかで売り上げが変動するので、SEO対策を専門家に依頼するのが望ましいと言えます。もちろん、サイトの内容が重要なのは言うまでもありませんので、お客さんに分かりやすく、魅力的なサイトを構築することが必要不可欠です。

SEO対策に重要なキーワード

サイトやブログのSEO対策を強化することで、検索順位を上げることができて、たくさんの人に見てもらえるようになります。様々なSEO対策の手法がありますが、やはり訪れたユーザーに価値のある情報を提供できるかどうかが要となります。サイトの充実や記事の充実を図りながら、キーワードなどを意識したコンテンツを作成していくことがSEO対策につながります。キーワードはとても重要で、記事タイトルにはユーザーが検索エンジンに入力するようなキーワードを盛り込むのが大切です。
例えば、自サイトがダイエットをテーマにしているなら、【ダイエット 食事制限】とか【ダイエット 有酸素運動】などのキーワードを記事タイトルにも入れましょう。
また、キーワードが決まったら、人目を引くキャッチーなタイトルを付けていきます。多くの人は検索からやってきても興味のないタイトルならすぐに閉じてしまいますから、インパクトがあってキャッチーなタイトルなら読まれやすくなります。
そして、記事内容にも先ほど決めたキーワードを適度に含む記事を作っていきましょう。タイトルと内容が合っていて、ユーザーの悩みを解決できたり、役に立つ記事を作っていくのが大切です。今はコンテンツそのものがSEO対策になりますから、高品質で内容の濃い記事ほど検索順位も上がりやすいです。

SEO対策の基礎知識を学ぶ

会社のホームページにSEO対策をおこなうことになった場合、今までSEO対策を担当していた部署がなかったり、あるいはウェブ部門をそもそも設置していない会社だったりする場合は、今までSEOや、それにかぎらずインターネット関連の業務をまったくおこなっていなかったスタッフしかいなかったとしても、誰かをSEO対策の専門業者とのやりとりを担当する人として選ばなくてはいけません。それでは、もしも自分がその担当者として選ばれた場合、まずは何からSEO対策について考え始めればよいのでしょうか。
SEO対策についての知識がない場合は、まずSEOとは何なのか、某G社の検索サイトの検索エンジンはどのような基準で表示するホームページを選んでいるのか、などといった基礎知識に関して、輪郭だけでもその内容をつかんでおかなくては、SEO対策をおこなう外部の専門業者と打合せをすることもできません。
幸いにも、SEOに関する基礎知識については、それこそ検索エンジンでSEOと入力することで、カンタンに調べることができます。SEOについての記事を事前に読んで、話をするうえで必要な専門用語を理解しておくだけでも、やりとりはぐっとスムーズになります。

新着一覧

TOP